logo
takuhai
syuttyou
tenpo
benriya
blog
satei

最近のリサイクル業界のトレンド専門用語集

トレンド用語とは・・・

検索が急激にあがったワードや、その時々によく検索されているキーワードを指します

デジタルネイティブ世代

生まれたときや、ものごごろがついた時にすでにパソコンやインターネット、 いわゆる「IT]が定着し、普及している環境で育った世代。そんな世代が消費のステージに立っています。 リサイクル業界でもこの世代に対応し、SNSでアプローチをしたり、「LINE」を利用して査定をしたりしている業者が増えています

シェアリングサービス

「シェアハウス」が流行のように、リサイクル業界でも「シェア」が世界的なトレンドになっています。 1つの商品を必要な人につないでいく・・・アパレル業界では若者の洋服や子供服のシェアリングの利用者が急増しています。

リデュース&リユース&リサイクル

いわゆる「3R」(スルーアール)とは、ごみを減らすための環境行動を表すキーワードです。リデュース(Reduce) → ごみそのものを減らす。リユース(Reuse) → 何回も繰り返し使う。リサイクル(Recycle) → 分別して再び資源として利用する。 という意味があります。時代はエコですね。

時短システム

「査定」や「出品」がシステム化されていくこと。当社でも”時短システム”を採用し WEBから申し込みできる「かんたん無料査定」を行っております。

プレミアム接客

出張買取業者やフリマアプリなど便利な業者が増え、競争が激化するリサイクル業界では「・・・ならでわの良さ」 が重要になってきています。いかに質の高い、プレミアムな接客を行えるかが勝負のポイントになっています。

レトロ

レトロとは、懐古的である。古いものを好み、その様子。という意味です。近年「レトロ」なものの人気が爆発しています。 「新品では出せない味」が人気の秘訣!

ソーシャル買取

「ソーシャル」の意味を知らない方も多いのではないでしょうか。「ソーシャル」とは直訳すれば”社交的” という意味ですが、最近では「社会的」という意味で使われることが多いかもしれません。Wikipedia」によるとソーシャルメディアは、 「誰もが参加できるスケーラブルな情報発信技術を用いて、 社会的インタラクションを通じて広がっていくように設計されたメディアである」とあるように使われることが多いです。 リサイクル業界では「ソーシャル買取」(買取の換金ニーズや、処分ニーズなど消費者の利己利益ではなく、ソーシャルな 活用のための買取)と、「ビジネス」を両立する業者も増えてきています

グローバルリユース

外国人客がどんどう増えている昨今、日本から飛び出し、様々な国で事業を展開する業者が増えています。 この事業は今後さらに増えると予想されています。

  宅配買取
全国の各地
出張買取
関西圏
  • 京都府
    京都市
    亀岡市 南丹市 向日市 長岡京市 
埼玉
  • 埼玉県
    深谷市 熊谷市 
    本庄市  秩父郡 
四国
  • 徳島県
    三好市 東みよし町 
Copyright Bigsmie.corp All Right Reserved.
株式会社ビックスマイル(Bigsmile.corp)
〒621-0826 京都府亀岡市篠町篠新畑田23
0120-639-609 0771-29-5393 メール info@recycleok.co.jp
埼玉県公安委員会許可 第431150029544号 | 京都府公安委員会許可 第612350930017号 | 徳島県公安委員会許可 第801120000346号